JFE商事鋼管管材

MESSAGE
木場大器

お客様の信頼に応えたい。
その思いが頑張りの原動力に。

木場 大器Taiki Koba

エネルギープラント第二部
造船・プラント・特殊管室(総合職)

2015年入社・法学部卒

多様な営業スタイルに磨きをかけて

  • 兄が商社で活躍しているのを見て、自分でアレンジしながら仕事を創っていける商社に魅力を感じました。当社はパイプなどの鋼材を扱いますが、技術的な知識に対する不安はありませんでした。技術的な話が必要なときはメーカーと同行しますし、仕事に取り組む中で必要な知識は自然と身に付きます。現在の私の仕事は、造船会社、プラント会社、建機・自動車などのメーカーへの鋼管・管材の販売です。
  • お客様によって営業のスタイルは異なります。例えば、プラント会社であれば見積り積算から関わり、お客様が案件を受注できるよう品種や価格の提案からプロジェクトに関わります。ですから、期間も長く、実際の販売は案件受注後ですから数年に及ぶこともあります。また、造船メーカーは船内のバラストからエンジン回り、居住区まで幅広い品種を扱います。お客様毎にアプロ―チ方法が異なり、様々な経験を積むことができるのが面白いと思っています。

One Day Schedule

  • 08:30

    スケジュール確認

  • 08:45

    メール確認&返信、オーダー、見積り作成、書類確認

  • 12:00

    昼食(仲間と近くのお店に)

  • 13:00

    車移動

  • 13:30

    お客様訪問1社目(近況ヒアリング、
    見積りフォロー、価格改定など)

  • 15:00

    お客様訪問2社目(仕様・見積り提案)

  • 16:30

    見積り依頼及び回答

  • 17:30

    翌日の作業・行動予定作成

  • 18:00

    退社

魅力なのは、風邪通しのいい組織

魅力なのは、風通しのいい組織

  • 当社の魅力は、組織の風通しがよく、若い社員にも大きな裁量が与えられるところだと思います。入社後から2年間がOJT期間として設定されているのですが、私自身は1年半を過ぎた頃に「一人で回らせてください」と独り立ちしました。サブではなくメインになったほうが仕事が面白いですし、早い時期から自分を成長させたいと思いました。
  • 入社3年目に、新規商材の受注にこぎつけた案件はとても印象に残っています。今まで当社では土木構造用のパイプは扱っていなかったのですが、お客様とお話する中で販売の機会をつかみ、新たに私が取り組むことにしました。板巻メーカーさんに声を掛け、加工メーカーさんとタッグを組んで進めたのですが、何しろ実績がなかったこともあり苦労の連続。何度も仕様を変更しながら、周りの皆さんの力を借りて何とか継続的なビジネスにこぎつけました。失敗を恐れずに新規商材案件に挑戦したことで大きな自信になりました。こうした挑戦を後押ししてくれる先輩や上司がいることが、当社の良いところだと感じています。
お客様への責任感を胸に抱いて
お客様への責任感を胸に抱いて

お客様への責任感を胸に抱いて

  • 自分の提案を通してお客様にメリットを提供できることが、私にとっての仕事のやりがいです。先日もプラントメーカーのお客様に、新たな製法による大径のシームレス管を提案することで、大幅なコスト削減を実現することができました。これは、法規に関する資料を調べたことから生まれた提案だったのですが、常に最新の情報を持つことが、商社の営業としては大きな武器になることを実感しました。
  • JKKに入社して4年ほど経ちましたが、仕事を重ねるにつれて責任感を強く感じるようになりました。それは、お客様の信頼に応えたいという私の強い思いでもあります。今は私を頼りにしてくださるお客様も多く、そのご要望にしっかり応えていきたいですね。そのためにも、パイプの枠を超えた新品種を積極的に扱ったり、また、仕入れ先として海外メーカーとの取引も増やしていきたいと思っています。今後も知識や情報、人的ネットワークなどを拡大し、商社マンとしての視野を広げながら頑張っていきたいと思っています。

MY PRIVATE

  • オンオフの切り替えはしっかり行い、休日は全力で遊ぶのが、私のスタイルです。まずはスポーツ。J商のサッカー部に入って練習したり、学生時代から続けている富士山登山も行っています。今後はサーフィンに挑戦したいですね。
  • また旅行も好きでよく出かけます。学生時代は半年ほどかけて国内・海外をバックパッカーとして旅行しました。今も同僚などと時間を見つけては、あちらこちら旅行を楽しんでいます。
MY PRIVATE