JFE商事鋼管管材

MESSAGE
菊池さん

苦労の末にプラントが完成!
大きな達成感を感じることができます。

エンジ・プラント営業部
エンジニアリング営業室(総合職)

2018年入社 経営学部卒

建設の効率化を実現する「プレファブ配管」

  • 就職活動当初から商社の営業職を志望していました。商品の力ではなく、発想力や人間力で勝負できるところに魅かれました。当社に入社を決めたのは、面接などを重ねていく中で社風が自分に合っていると思ったからです。商社は体育会系のノリの会社が多いのですが、当社はあまりそうした雰囲気はなく、個人を尊重する社風のように感じました。
  • 現在はゼネコン・サブコンなどの大手総合建設会社を担当し、清掃工場などのプラントにプレファブ配管材料を納入しています。通常はパイプや継手などを建設現場で溶接して組み立てて配管していくのですが、事前に加工会社で組み立てひとつの製品として現場に納入するのが、プレファブ配管です。この方式を導入することで、建設現場の効率化とコストダウンを実現することができます。私の仕事は、建設図面から必要な部材をピックアップし、それを協力加工会社に発注、建設スケジュールに合わせて現場に納入していきます。加工する製品は何千ピースにもなりますし、工期は1年半から長ければ3年に及びます。その間、建設会社、協力加工会社の間に入り、納品が滞ることなくハンドリングしていきます。

One Day Schedule

  • 08:30

    出社

  • 09:00

    メールチェック、現場からの手配依頼対応(仕入れ先、協力加工会社に連絡・指示)

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    石油化学プラントの見積対応

  • 15:00

    お客様、現場担当、協力加工会社との定例WEBミーティング
    進捗状況の確認、現在の課題対応など

  • 17:00

    現場からの手配依頼対応

  • 18:00

    退社

チーム一丸となることの面白さ

チーム一丸となることの面白さ

  • 業務で心掛けているのは、常にスピード感を持って取り組むことです。建設予定は頻繁に変更になるため、その都度、お客様の要望を理解し、協力加工会社への素材手配、加工依頼、現場への納入の指示を的確に出していく必要があります。常に作業の優先順位を考え、自分のところで情報が滞ることのないよう仕事の回し方を意識しています。
  • この仕事では、建設現場の方、協力加工会社の方と毎日電話でやり取りし、毎月1回以上は現場でミーティングを行います。作業する期間も長いのでお互い仲良くなって信頼関係が生まれ、チーム一丸となって仕事に取り組んでいけるところが、この仕事のやりがいだと思います。まったく何もなかったところから仕事がスタートし、苦労の末にプラントが完成した時は、「やり遂げたぞ!」という大きな達成感を感じることができます。自分が扱ったパイプなどの製品を見ることができるのも、この仕事ならではですね。
将来は海外プロジェクトに挑戦したい
将来は海外プロジェクトに挑戦したい

将来は海外プロジェクトに挑戦したい

  • 入社当初は材料についての知識や、図面の読解力が不足していたことでかなり苦労し、お客様と対等に話ができるまでに2年くらいかかりました。今はリーダーの元ではありますが、ようやく自分で仕事を進めることができるようになりました。現在入社5年目ですが、今後は独り立ちし、自分がリーダーとしてプロジェクトを任せてもらえるようになりたいと思っています。
  • また、将来的には海外プラントのプレファブ配管に挑戦したいと考えています。現在、私たちの部署は国内だけにとどまっているのですが、お客様が東南アジアなど海外へ進出しているので、それに合わせ当社が海外の協力加工会社を起用して鋼材を供給できるようになれればと思います。そのために今は英語の勉強中です。さらに、パイプにこだわらずその他の商材も幅広く扱いたいと思っています。すでに鋼板や構造用パイプ、樹脂系パイプなども扱っているので、商社機能を活かしてさらに扱い品種を拡大。お客様が欲しいと思うものを柔軟な発想で調達し、お客様から選ばれる商社マンを目指していきます。

MY PRIVATE

  • 趣味は筋トレです。社会人1年生になって太ったためダイエット目的で始めたのですが、はまってしまい週に5回はジムに。
    ただ、昨年10月に子どもが生まれたため、今は子ども中心の生活で、ジムは土日だけです。平日は定時に会社を退社し、家で料理をしたり、子どもをお風呂に入れたりしています。
  • 料理は以前から時々つくっていたのですが、よくつくるようになりましたね。モツ煮込みや角煮などが得意料理です。
MY PRIVATE